BLOG

ブログ
Photo : HIROMASA MANO

今日の1日

2015年12月21日 13:29
今日の練習はマイケル、ダンテとの練習でした。

10:00〜12:00 練習
12:00〜2:00トレーニング

昼飯
20分お昼寝

3:30〜5:30  練習

7:00 夕飯

今9:30ぐらい

ブログ終わり次第就寝



日によってスケジュールは変わりますが今日はこんな感じでした。
カリフォルニアに来て1週間以上経つので最近は時差ボケもなくなってきて朝起きるのがつらいです。
オフシーズンの期間の今は中間ぐらいですかね。
あと数日でフロリダに帰ってあと1週間はアカデミーで練習です。
今週は基本的な練習を多めにやってます。
球出しだったり、2対1の練習だったり。
たまに選手も呼んでポイント練習なんかもやります。
アメリカ人の有望な若手の選手や昨日はダブルスも強いRajeev Ram選手に来てもらい一緒に練習しました。
トレーニングもしっかりやってテニスの調子も上がってきているのでいい感じです!
毎日筋肉痛もきてますし。つらいですがいい事です。



ふと考えてたんですが今年1番良かった試合はなにかなーって。
2つあって1つは全豪のフェレール戦。
でも嬉しかったのも考えたらモントリのナダル戦かな。
自分のテニス以上のことはしてたので少し無理のあるテニスしてて、あの試合はもう2回とないぐらい良かったかもしれません。
とにかく集中力がすごかったですね。怖いぐらい集中してました。
ナダルが本調子ではなかったのは事実ですが自分が良すぎて封じれたのかもしれません。そこは分かりませんが。

ってことでナダル戦にします。

おめでとう。


そういえば体育会でダイゴさんに負けたのが悔しくて夜も眠れません。
うそです。寝てます。
自分には癖がありすぎるんでしょうか。。次は奈良の大仏をイメージしてまたいつかリベンジしたいです。

年末にはまたいつもの対決があるのでもし良ければ見てみてくださいね!!








今年もスポンサーさんに感謝したいと思います。
金銭面だけではなく多方面からのサポートがありいつも元気にプレーできています。
いつも本当にありがとうございます!!


日清食品

ユニクロ

WILSON

ADIDAS

LIXIL

WEIDER

TAG HEUER

JACCS

JAGUAR

AIR WEAVE

ASAHI

HISAMITSU

P&G

JAL

WOWOW

IMG




2016年も頑張るので宜しくお願いします!





オフシーズン

2015年12月16日 14:11
こんにちは
日本は寒くなりだしてるでしょうか。
今はまだカリフォルニアにいるんですがこっちも肌寒いです。
去年の今頃は冷たいながらもプールとか入ってたんですけど今年は入れそうな気配もないぐらい寒いです。
日中は太陽が出れば汗も少しかく程度です。
早くフロリダに戻りたい。。

日本では忙しい日々を過ごしてましたが同時にリフレッシュもできたので良かったです。
入院したのが出てしまいましたが全然元気です!
どこから匂いを嗅ぎつけたんでしょうね。報道陣は恐いですー。(涙)
やっぱりリラックスして過ごせるのはアメリカが一番ですね。

練習もいい調子で進んでいて感覚もだいぶ良くなってきました。
毎日疲れが溜まっているので元気はないですがあと1週間なんとか乗り越えます!
ブリスベンに出発まで残りちょうど10日間なので、しっかり直すとこを修正してなるべく自信を持ってオーストラリアに入りたいです。
ブリスベンでは久しぶりにダブルスに出ます。
本当はドルゴポトフと、あっ、美味しそう。笑 
ドルゴポロフと出たかったんですが彼は違う大会に出るらしく違う選手と出ます!
昔出たことある選手で彼もダブルスうまいので負けないように頑張ります!

来年もまた実りある1年にできるよう頑張ります!!




ロンドンおわり

2015年11月23日 09:08
ロンドンが終わり今年のスケジュールが全部終わりました!!
やはり1年が過ぎるのは毎年早いです。

ロンドンではグループを突破することはできませんでしたが、いい試合ができ、自信を落とすことなく来年を迎えれるので良かったかなと思います。
1試合目のジョコビッチ戦は久しぶりにこてんぱんにやられましたね。
自分が最悪だったわけではないのですが彼が強すぎました。
ジョコのディフェンス力は異常なほどでした。
自分が攻めてる、次は浅いボールがくるっ、と思っていても鋭い球で返してきます。守りながらも攻撃してくるところが彼を崩せない一番の要因です。
この試合では自分のサービスが全く入らなかったのでキープするのが大変でした。
自分のサービスゲームなのにどのポイントもラリーが長くなり、1ポイントを取るのがほんとに大変だった。
プラスツアーの中でも1番アンフォーストエラーの数が少ないので崩すのが本当に難しいです。
なのでほぼいいとこなしの1試合目でした。
パリでも試合数をこなせてなかったので出だしの1戦なので最低でもいい試合はしたかったですが次に不安が残る1戦でした。
でもこのあと2試合を戦うにあたって一生懸命考えました。
普通大会で負けたら次の試合はありません。なので負けながらも悔やんでるヒマはなく気持ちをポジティブに持っていくことだけを考えてました。
自信を得れたのは日々の練習です。
パリのあと怪我もありましたが試合前の数日はしっかり練習ができ自信がみなぎってました。
なんで練習の時はあんなに調子良かったのに...とも思いましたが悔やんでても仕方ないので
自分の調子は悪くないんだと言い聞かせました。
あと自分のモチベーションビデオとかも見たりしていい時のテニスを必死にイメージしてました。
その甲斐もあり次のベルディヒ、フェデラー戦は納得のいくテニスができました。

ベルディヒ戦は1セット目すごく集中できていてラリー戦のタイミングが合うのか球が良く見えてました。
浅いボールの対処が得に良かったですね。よく攻めれてたと思います。
2セット目の2−1からこんなにも流れが変わってしまうのか。っていうぐらい彼のペースになってしまいましたが
ファイナルは集中力を取り戻し3−3で苦しい場面をキープしながらも最後は長いラリーにくいついて彼のミスを誘えました。

最後のフェデラー戦は負けてやっぱり悔しかったものの1年の最後の試合としては完全燃焼できました。
久しぶりの対戦で試合前は少しナーバスになってました。
彼との対戦ではワクワクしかないものの、この試合に負ければグループ敗退だし彼の展開の早いテニスを封じるためには彼が攻めてくる前に決めるか、ディフェンスが常に深いボールでなきゃいけません。
そんな彼の偉大さを少しオーバーに考えてました。
でも試合前にそういう風に考えてる自分を冷静に判断できてたっていう面では意外と冷静だったのかな。

試合が始まるとコートが遅いのでそこまで展開の速さは感じなかったんですが緩急のつけかたや左右にコースチェンジする能力がやはりすごかったです。
そして攻めて欲しくない時に必ず攻めてきます。
どのセットも先にブレークを許し2セット目なんかは1−4ダウンでした。
でも諦めきれない自分がいたので1ポイントずつしっかり希望を信じてプレーしてました。
というのも1セット目もそうでしたがブレークするとすぐブレークバックできたりします。
彼の他の試合を見ててもそういの展開は少なくありません。
なので彼にスキができるのを信じてリードされても諦めず戦いました。
そして4−4まで追いつくことができ、ここらへんは無心にプレーしてたのもありリスクをおかしながらもとてもいい球の選択ができてました。
無理しすぎず自信を持ってプレーしてた。
彼のサーブで30−30でリターンギリギリ返したがネットギリギリに入り相手のミスになりました。
流れがきてる時ってこういうラッキーも自分のほうに傾くんですよね。
ここもブレークして1−4から5ゲーム連取で6−4でとりました。
ファイナルも1−4スタートでしたが追い上げることができましたがその時点で自分のほうに体力、メンタルが削られてたので
最後の集中力の差が数ポイントでてしまい、負けてしまいました。
どのセットも追い上げる展開だったのでほんの少しの気持ちの余裕が彼にはまだ残ってていい選択が僕よりできてました。

でもさっきも言いましたが負けはしたものの得たものは大きかったです。
たぶんこのロンドンでいい試合ができなくて全部の試合負けてたら来年に引きずってたと思うので。

今年はこのロンドンに2年連続出れてトップ10もキープできて少しずつですが強くなっているはずです。
こういう1年の積み重ねでいつか大きい結果もついてくるでしょう。
来年はもっといい1年になるように頑張ります!





錦織圭公式アプリ
錦織圭×日清食品スペシャルサイト
ユニクロ錦織圭選手着用モデル発売中!